丸長石材の墓石コンセプト

心安らかな人々の輪を広げる

「お墓」とは、単なるモニュメントではなく、先祖や故人を敬うための心安らぐ場所であると私たちは考えています。
お墓の前で手を合わせ、先祖および故人を偲び、敬うひとときをもつことで、生命のつながりの大切さを感じるとともに、人を思いやる心が生まれます。

一人ひとりが心やすらかなひとときを大切にすることができれば、社会全体にも思いやりや感謝の輪がますます広がっていくことでしょう。お墓への意識を高めることで、安らぎと思いやりに満ちた豊かな社会となっていく・・・私たちは安らぎを生み出す企業であるという志を大切に、霊園開発から墓石販売、さまざまな関連事業など、“癒しの空間”をトータルにプロデュースしています。

私たちが何よりこだわるのは、日々、社員一人ひとりがお客さまについて考える企業風土。それこそが、健全で強固な企業体質の基盤です。お客さまに感謝し、真摯な姿勢で仕事にとりくむことで、丸長全体の信用・信頼を培うことができると私たちは考えています。

高齢化が進み、激変する時代の中で、人々はますます“癒し”を求めています。生命の尊さの発信を通じ、安らぎを広げようという私たちの事業の意義を肝に銘じて、私たち丸長は、これからも「心安らかな人々の輪を広げ」てまいります。

ページ先頭へ戻る